新横浜・産婦人科・漢方・東洋医学

温心堂レディースクリニック

〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3−20−3リバサイドビル3F
診療時間:09:00~13:00 / 15:00~19:00(休診日:木・日・祝日 ※土曜は午後休診)

お問合せ・ご予約はお気軽に
045-474-2736

不妊治療について

 ◎不妊症について・・・

 赤ちゃんができないことほど辛いことはありません。
我が子を授かりたいと思うのは当然の気持ちです。
温心堂ではおもに漢方治療や気功治療をおこないます。
『冷え』の治療も重要です。

漢方薬は保険適応のあるエキス剤を第一選択とします。
また、クロミッドやHMGなどを併用することもあります。
当院では人工授精までおこなうことができます。

 体外受精(IVF)や顕微受精(ICSI)など、不妊専門クリニックでの高度不妊治療の補助的なお手伝いとしての東洋医学的治療もおこなっていますのでお気軽にご相談ください。

 全身の気を整え、気血の流れを良くして冷えをとり、腎の気を増やして生殖活動を活発にすることを目標にします。
漢方治療、さらに気功などを併用することにより効果を高めます。

不妊と冷えの関係

 昔から『冷え』は女性の大敵といわれます。
冷え自体は男性にもあるのですが、身体の構造上女性の方がより外気の影響を受けやすいものと考えられます。
しかも冷えは地面から上へと昇ってきやすいのでどうしても下半身に滞ることが多く、したがって生殖器は冷えの影響を受けやすいところといえます。

冷えを全く感じない人もいますが、その人が冷え症でないとは限りません。
自分でそう気づかないことも多いからです。

なにはともあれ、赤ちゃんを望まれる方は『冷え』に対する備えと対処が必要です。
下半身を温めるための装いはもちろんのこと飲食についても同様でしょう。

 

 

不妊と東洋医学

 当院では体外受精などの高度の不妊治療はできません。

それらは不妊専門の医療機関にお任せしておりますからいつでもご紹介いたします。気軽にご相談ください。

当院に出来ることは、ご来院される患者さんにとって何が妊娠の妨げになっているか、どの選択がいいのか、それを東洋医学的に判断します。

不妊はご夫婦のどちらかだけが悪いわけではありません。たとえ医学的な現象としてそのような事実があったとしてもご夫婦両者の問題であることに間違いはありません。
人間が誕生するということは、もっと本質的で大切な理由があるのだと思えます。

ご自分の力を信じて...

 よく言われることですが、薬や医療行為そのものが患者さんを治したり救ったりするわけではありません。
その方の身体(肉体)自身、患者さん自身が治ろうとする力、自ら良くなろうとする働きによって治っていくものだと思います。自然治癒力ですね。

それは生命の尊さ、不可思議な偉大さともいえるものです。

私たちは心を込めてそのお手伝いをさせていただきます。

その他のメニュー

    お気軽にお問合せください      

お問合せ・ご予約

045-474-2736

◆診療時間
 09:00~13:00
 15:00~19:00
◆休診日
 日・祝日 ・木
 土曜は午後休診

 

インフォメーション

   診療時間のご案内

 
午前 × ×
午後 × × ×

午前(09:00~13:00)
午後(15:00~19:00)
休診日:日・祝日・木・土曜の午後

休診日のお知らせ

10月21日(土):11時で受け付け終了します。
10月30日(月):午前休診します。午後より通常どうりの診療です。

ご予約はこちら
お問合せ・ご予約はお気軽に
045-474-2736

院 長

爲近 慎司
(ためちかしんじ)